「やっておきたい英語長文700」で英検準1級の長文対策【基礎力向上】

「英語長文に対する読解力をもっと伸ばしたい!英字新聞や雑誌が読めるようになりたい!」

英語学習を始めた時、こうしたゴールに向かって学習をしている方は多いかと思います。

今回はそんな、「英語長文をもっと読みこなしたい」と思っているあなたに、読解力を上げる最適な一冊を紹介します。

紹介するのは、大手予備校である河合塾から発売されている「やっておきたい英語長文700」という参考書です。「やっておきたい英語長文700」は、もともと大学受験用に発売されている問題集ですが、英文の質が高くタメになる要素が詰まっているのでオススメです。

created by Rinker
¥975 (2019/10/16 01:52:13時点 Amazon調べ-詳細)

 

Ad

「やっておきたい英語長文700」の感想

やっておきたいシリーズは、大学受験で有名な予備校である「河合塾」が発売している長文問題集シリーズです。他にも以下のようなシリーズがあります。

  • やっておきたい300
  • やっておきたい500
  • やっておきたい1000

この問題集の最大の特徴は「良い英文・良い問題が詰まった良問集であること」です。

この問題集を解いてみて感じたことは、「とにかく問題が練られていて、一冊で読解に必要なことを学べる!」というもでした。収録されている長文の質が高いので、一つの英文から語句や構文、文法まで学ぶことができるようになっています。

「やっておきたい英語長文700」が、英語長文の能力を伸ばすのに最適な一冊であることは間違いありません。

 

「やっておきたい英語長文700」のレベル

「やっておきたい英語長文700」に収録されている英文は、解き応えのある600語〜900語からなる問題を中心に収録しています。

この問題集は、レベル的に「やや難「から「難」レベルだと考えられる15題の英文で構成されています。

長文が得意でない人には「かなり難しく」感じるかもしれません。もし「やっておきたい英語長文700」が難しいと感じた場合は、一つレベルを下げて「やっておきたい英語長文500」に挑戦して、じっくりと基礎力を鍛えるという選択肢もあります。

 

「やっておきたい英語長文700」の使い方

この問題集の使い方をよりみていきたいと思います。「やっておきたい英語長文700」で出題される英文からは、背景知識や単語、語句などたくさんのことを学ぶことができます。

一つ一つのエッセンスを身につけるためにも、以下のような順序で問題を解いていくことをオススメします。

  1. 長文問題を全力で解いてみる
  2. 解説・解答を確認して間違ったポイントをチェック
  3. 日本語訳を確認しながら長文を復習する
  4. 構文・語句を中心に足りていない部分を暗記する
  5. 次の問題へ進む

英語長文で大切なことは「問題を解いて解答と解説を確認すること」に尽きると言ってよいでしょう。
どうしてその解答となったのかを、しっかりと理解することで、英語長文の読み方が分かるようになっていきます。

そのあと訳を確認しながら分からなかった語句や構文を覚えていきます。

本文と訳を照らし合わせながら英文を確認していきます。ここまでくれば復習は一旦終了として良いです。2週間〜3週間ほどしたら再度解き直します。

もう一度解き直すことで、覚えた語句や構文が身に付いているか、解答へのプロセスが合っているかどうかを確認します。読解力を鍛えるのなら「英文、語彙、構文、訳」の全てに気を配りつつ問題を解いていくことが大切です。

created by Rinker
¥975 (2019/10/16 01:52:13時点 Amazon調べ-詳細)

 

「やっておきたい英語長文700」のトピック

「やってみたい英語長文700」で取り扱っているトピックは、時事問題から関心の深い話題など多岐に渡っています。この問題集で収録されているトピックには以下のようなものがあります。

  • グローバル化
  • 食料問題
  • インターネット
  • 英語の将来
  • 地球温暖化
  • 遺伝子
  • 脳死

どれも大学受験の過去問からの出題ですが。噛めば噛むほど味の出る英文となっています。多方面にわたるトピックで、英語力とトピックに対する背景知識をしっかりカバーできるのです。

こうしたトピックに関する独特な英文や語彙、言い回しを身につけることは、英字新聞や雑誌を読むときに非常に役に立ちます。

一題一題にしっかりと取り組み、それらの重要なポイントや表現を手に入れることができれば、将来的にも役立つでしょう。英語の学び直しにもオススメです。

 

「やっておきたい英語長文700」のオススメポイント

「やっておきたい英語長文700」が英語の読解力を鍛えたい人にオススメできるポイントはなんなのか?

この疑問に答えていきます。率直にいうと問題の質が良いこと、解答・解説が丁寧なこと、広いトピックが扱われていることです。それぞれについて解説します。

 

1.問題の質が高く多くを学べる

河合塾の特徴は大学の過去を使いながら、オリジナルの問題を作成している点にあります。

英文はもちろんのこと、河合塾が作成したオリジナル問題が非常によく出来ているのです。英文が読めるようになるのはもちろんのこと、文法や語彙を織り交ぜることで「トータルな英語学習」のできる点が魅力です。

 

2.構文・語句解説が丁寧

解答・解説が非常に丁寧なのが2つめの特徴と言えます。

解答はもちろんのこと、解説部分では段落ごとに意味を確認できることや、覚えておきたい語句や構文が一覧形式で掲載されています。

語句数の多い長文になると復習しづらいという点がありますが、この問題集は段落ごとに訳が確認できるので、その他の問題集とは違いかなり復習しやすい解説の構成となっています。

復習しやすいということは、何度も解きたくなる問題集という事にもなります。

 

3.広いトピックで大学受験以外にも使える

トピックの部分でも触れましたが、「やつておきたい英語長文700」で扱う問題は汎用性がものすごく高いです。

一冊を通して幅広いトピックの問題に触れることができるので、単語・語句・話題といったピンポイントな学習だけでなく、社会知識や、そこに関連する背景知識を広く養うことができると言えます。

もともとの対象は大学受験ですが、ここまて幅広い内容を扱うとなると、大学受験以上のポテンシャルを秘めた問題集と言うことができそうです。

created by Rinker
¥975 (2019/10/16 01:52:13時点 Amazon調べ-詳細)

 

やっておきたい700の対象


オススメは大学受験です。もともとが受験対策用に出版されているので当たり前ですね。しかしながら、その質や内容から大学受験以外にも対応できるのではないかと考えています。

その一つが英検準1級です。「【完全攻略版】絶対に合格する!英検準1級の勉強法まとめ」では、英検準1級の勉強方法を解説していますが、その基礎固めや練習問題にも最適ということができます。

長文の長さや扱っているトピックが、まさにぴったりです。

それ以外にも英検1級や、TOEFL、IELTSといった、ハイレベルな英語資格やテストに対しても有効だと考えています。ハイレベル英語へ行き着くまでの基礎固め・橋渡し役として優秀な参考書となっています。

そうしたレベルから考えて、この問題集は最終的に留学生や海外で働きたい人の基礎になるでしょう。

ということは新聞や雑誌を読んでみたい人にとってもやっておきたい内容、ということができます。

created by Rinker
¥975 (2019/10/16 01:52:13時点 Amazon調べ-詳細)

 

まとめ

以上、英語の長文読解力を養うのに最適な一冊「やっておきたい英語長文700」を紹介しました。

この問題集は、私が英検準1級を取得する前に取り組んでいて今でも手元に残っている数少ない問題集です。

この問題集で取り組んだ内容は「ニュージーランドでの大学留学にも活きていた」と感じています。もしあなたが読解力を向上させ、英語での新聞や雑誌、論文を読んでみたいと思うのならば、絶対に取り組んでおくべき一冊ということができます。

他にも、様々な資格やテストに役立つので、英語学習に万能な効力を発揮してくれるオススメ問題集です。

是非とも手にとって確認してみてください。

ad