英語学習に行き詰まったら「違う方向性」から学ぶ。意識的に聞いて口ずさもう。

「英会話を学んで外国人と会話できるようになりたい」と考えている人は多いと思いますが、やはり言語が変わると習得するのは難しそうに感じますよね。

英語を学んでいく中で日本語と英語が予想以上に違ったものであり、習得するのが難しいと感じるのならば、これまでとは全く違う方法で学習をするというのも一つの手となります。

文法や英単語などの暗記をしていたならば、思い切って英会話やリスニングを学習の中心にして取り組んでみるのも一つの手と言えます。

その中で一つのポイントとなるのが「暗記して口ずさむ」ということです。

この記事ではそんな英語学習のポイントとなる「暗記して口ずさむ」ことから英会話につながる勉強方法を紹介していきます。従来の英語学習に飽きてしまった人や「なかなか結果が出ない」と感じている人は、この記事を参考にして英語学習に取り入れてもらえればと思います。

Ad

口ずさむことの重要性

人々が英語を理解する仕組みは、脳内に様々な語句の組み合わせや文章を貯めこんだ部分から瞬時に英語の意味などを検索する仕組みとなっています。

つまり一定量の語彙や文法、例文を覚えることが重要になるということです。

その暗記を助けるためのヒントとなるのが「口ずさむ」ということです。口に出すことで脳内に「音」として刻ませるので、より記憶を残しやすいという特徴があります。

記憶と取り出しを一定の量で反復することができれば、現実的な早口の英会話に適応することも不可能ではありません。

そんな中で、例えば評判のスピードラーニングは、英語を母国語とする人が日常で使うような感じの口語表現が基本になるように作成されており、かつ分量も凄まじいものがあります。

このような、英会話に特化した教材を意識的に聞き取り、反復して口に出すことで日常レベルの英会話ができるようになります。

このようなチャレンジは大いに効果があります。スピードラーニングの表現内容は非常に初歩的かもしれません。

けれども、そうした教材を会話の場面を想像して、一瞬で普通に話せるように「意識的」に聞き、口に出して練習することにより「英会話の基礎」となっていくのです。英語のシャワーを浴び続けて、それらを一つ一つ吟味することで英会話ができるようになります。

 

英会話も学んでいく方法

もしあなたが「英会話」を中心に学びたいのであれば、こうした「簡単な英会話」に焦点をあわせて学んでいく方法もあります。

そのうえで文法や英単語も適度に取り組んでいけば良いのです。また、英語の習得に欠かせないのが「とにかくたくさん聞くこと」ということです。幼児が成長するに連れて話ができるようになるのは、数えきれないほど聞いてきたからだとも言われています。

例えば海外ドラマなどの場面で、移民の親は英語をあまり話せなけれど、子供は流暢な英語を話す場合がありますよね。

それも「リスニング量の差」が関係していると考えられます。総じて言うと、なるべくたくさんの言い回しを覚え込むことで、英語力を高めることが可能ということです。

そこから進んでいくべきは「英会話」としてアウトプットすることになるでしょう。

「簡単な英語の会話なら話せるけれど、自分の主張がうまく示せない」といった、英会話における心配事を乗り越えるのが次の学習になります。

こうした特有の悩みには「オンライン英会話」がオススメです。

オンライン英会話はオンライン上でレッスンを受講する英会話のことで、通常の英会話教室の半分以下位の値段で受講することが可能です。受講し放題といったサービスを打ち出しているものもあるので、色々と吟味してみるのも良いでしょう。

また、最近は英語を学べるアプリもリリースされています。中でも「スタディサプリ」は多くの人に利用されている大人気アプリなので一見の価値があります。

 

リスニングスキルを上げるコツ

最後にリスニングについて少しヒントを出したいと思います。英語という言葉には特徴ある音の繋がりがあることを意識して聞いていきましょう。

英語を聞いていく中で「音が重なってよくわからない・聞き取りづらい」という場面があるかと思います。特徴的な音の繋がりが分からなければ、英語を聞いたとしても全てを理解することが難しくなります。

代表的なものでいうとAn appleという繋がりが、「アン・アポー」から「アナポー」というように聞こえることですね。

英語では単語の最後が子音で、次の単語の始まりが母音の場合はつながって発音されるなどの特徴があります。このような音のつながり(リンキング)を知っておくだけでも、英会話の理解力がグッと上がってくるので勉強しておくと良いと思います。

言いまわしそのものが確実に聞きわけできる水準になれば、リスニング学習がかなり進んできた証拠になります。

 

まとめ

最終的には「覚えた内容を組み合わせる」のが重要になります。やはり「覚えて口ずさむ」というのがポイントになると言えるでしょう。

この記事では「覚えて口ずさむ」をキーワードにしながら、英会話のための英語学習の方法について紹介してきました。大事なことは「とにかく多く聞くこと」と「口ずさんで覚えること」でした。まずは簡単な日常レベルからでも良いので、少しづつ始めてみると効果が出てくるでしょう。

これまでとは全く違う方向性で英語学習を行ってみるのも気分転換になりますし、思わぬ成果も出てくると思われます。

ぜひともいろいろ試してみて、あなたにベストな方法を探してみてはいかがでしょうか。私のおすすめとしては以下の2点が特にオススメです。

  1. オンライン英会話の活用
  2. スマホアプリのスキマ時間学習

こうしたテクノロジーを活用して、より多くの英語のシャワーを浴びることでより洗練された英語スキルを身につけることが可能になると考えています。

ad