TOEICで高得点が求められるパターンとは【大学生と社会人では異なる目的】

TOEICが大事!なんて周りのみんなは言ってるけど、本当にそうなの?大学生と社会人にとって、TOEICにはどんな意味が込められているのだろう?

TOEICって、イマイチ特徴が掴みづらいと思うんです。「なんで勉強しているんだっけ?」という疑問すらわいてきます。

そうした質問にTOEIC840点ホルダーの私が答えます。結局のところ、大学生も社会人も「スキルアップの証明」として使われている印象があります。大学生では就職や進学、留学の為に使われることが多く、社会人になるとグローバル人材の育成という目的のためにTOEICが使われています。

では、それぞれについて、もう少し深く探ってみましょう。

Ad

大学生でのTOEIC

筆者がこれまでにTOEICなどを教えたりしていく中で感じた、大学生がTOEICを受験するメリットで「最も強力な理由」は就職だと感じました。

これは特に自分が就職活動をする中で役立つアピールになると思っています。

特に大企業になればなるほどTOEICが一つの判定のキーポイントになると言えると感じました。少しづつTOEICはだけはダメだよね、という雰囲気もありますが、やはり客観的に判断する上では分かりやすい指標になる、といったところかと思います。

それ以外にもあるので、少し解説を交えながらみていきましょう。

 

TOEICと留学

TOEICの点数がAO入試や推薦入試でのアピールポイントになるのに加えて交換留学のための語学力の目安として利用されています。

すべての留学先というわけではありませんが、IELTSやTOEFL だけでなく、TOEICのスコアのボーダーラインを定めている学校もあります。IELTSやTOEFLに比べて、TOEICは比較的にラクに点数が取れので短期的に集中して点数を高めることで留学を実現させる手段にもなります。

とはいえ、TOEICのランクは少し落ちますし、国の制度としてTOEICを取り扱っていない場合があるので要注意です。

大学などへの留学は、やはりTOEFLやIELTSが中心です。最近では英検での留学も可能となっています。目安としては英検2級からになります。当サイトでは英検準1級に関して、かなり具体的に勉強方法を紹介しているので、英検準1級を活用して留学を目指すという方法もあるかと思います。

関連記事

「英検準1級の問題が難しくて合格できる気がしない!どうしたらいいの!?」 英検準1級にチャレンジしているけど、英検2級とのレベルの違いに愕然としている人も多いのではないかと思います。英検2級に合格している人は多いけど、英検準1級はそう[…]

 

就職とTOEIC

そして高いTOEICスコアは、就職活動時に高い効果を発揮します。

とくに意識の高く、有名な大手企業に就職したいという学生は、履歴書の資格欄のためにTOEIC受験を始めるという傾向があります。TOEICで高い点数をとっている学生は。企業の人事も高く評価してくれます。英語力はもちろんですが、TOEICが求める集中力という点においても評価してくれるのです。

またTOEICは「学生を評価する指標」として利用しやすいという側面があると感じています。

特にTOEICで900点を取得しておくと「あなたを見る目」が変わります。就職が難しいとされる大学の学生は、TOEICでの一発逆転も狙えるかと思うので、目標となる企業がある場合はTOEICで良い点を取っておくと有利になる可能性があります。

では次に、社会人の場合はどうなのかを考えます。

 

社会人のTOEIC

社会人がTOEICを利用する主な理由は、自己啓発やキャリアのためが中心になると考えます。

 

将来とTOEIC

言い換えると転職や給料アップを狙っているということになります。これは学生でも同じですが、やはりTOEICは能力を評価しやすいという一面が関わっています。

それ以外にも、楽天のように大手企業が英語を社内公用語とする風向きもあるように思います。これは「グローバル人材の育成」がポイントですね。英会話というのは一般的に点数化し難いものです。測定方法としては面接で実際に外国人の上司とおしゃべりしてもらうくらいでしょう。

ですので、より明確な千疋の選定ラインとしてTOEICが利用されていることは十分に考えられます。

 

ボイントは「将来への投資」

社会人と学生にとって。TOEICが持つメリットや使われる特徴を説明しました。両者に共通するポイントは、「将来への投資」という前向きな一面です。学生であれば留学というのは、人生を変える一大イベントですし、就職も将来を左右する大事な成長過程です。

1%でも良い方向に持っていくために、TOEICで高得点を取るというのは理にかなっていると言えます。

TOEICで高い点数を取ることで、より良い職場へ転職するという目標や、給料の高い仕事へ転職するというのは「将来への投資」です。TOEICで良い点数を取ることは、将来を少しでも良い方向へ導ける可能性の切符だということです。

こうした特徴やメリットを知っているか知っていないかでは、モチベーションに大きな違いが出てくると言えますね。日本においてTOEIC受験は未来への投資であり、現状を変えたいと願うあなたの特効薬ともいえるかもしれません。

 

まとめ

以上、大学生と社会人におけるTOEIC受験のメリットや意味を紹介しました。これらは筆者が実際に感じたりしたことをまとめている感じです。

社会人・学生に関わらずTOEICで高い点数を取ることは「来たるべき未来への布石」になり得ることがわかったと思います。転職や将来を決める就職、留学など、人生を決定しかねない一大イベントにおいて、あなたの選択肢の幅や深みをもたらしてくれる「道具」のようなものと言えるでしょう。

これから受験を考えている人は、そのことを頭においてTOEIC受験に邁進して下さい。

このブログではこれからも「TOEICの学習方法」に関してアドバイスも行っていきますので、ぜひ参考にしてTOEIC高得点を目指してみてはいかがでしょうか。

ad