世界中の価値あるアイディアを英語で学ぼう!TED Talksを用いた英語学習法を紹介

動画で英語学習

みなさんは「TED Talks」をご存知ですか?

英語を勉強する過程で、モチベーションの維持に悩む方や、楽しく英語を学びたいと思う方は多いと思います。

またせっかくなら、生の英語を聞いて実践的な英語を学びたい。と誰しもが思うはずです。

今回はその英語学習に適している「TED Talks」と、それを活用した英語学習法をご紹介したいと思います。


TED Talksとは?

価値のあるアイデアを世に広めることを目的とするアメリカの非営利団体の事で、「Technology, Entertainment and Design」の略。

「ideas worth spreading(広める価値のあるアイディア)」をスローガンとし、世界に広めるべきと思われるアイデアを、プレゼンテーションを行う場として提供すると共に、インターネットを通じてその映像を世界に広める活動を行っています。

TEDのホームページには、下記のように記されています。

About TED

TED is a nonpartisan nonprofit devoted to spreading ideas, usually in the form of short, powerful talks. TED began in 1984 as a conference where Technology, Entertainment and Design converged, and today covers almost all topics from science to business to global issues in more than 110 languages. Meanwhile, independently run TEDx events help share ideas in communities around the world.

TEDは通常、短くて、心に響く会話の形でアイディアを広めることを目的にした、どこにも属すことのない非営利の団体です。 TEDはテクノロジー、エンターテインメント、デザインが融合した集まりとして1984年に始まり、そして現在では、科学からビジネス、世界の問題まで、110以上の言語で話題を網羅しています。 一方で、世界中のコミュニティにおいて、アイデアを広めるために、独立して運営されているTEDxイベントも存在します。

つまり、TEDでは世界中から集まった様々なアイディアや価値観を、プレゼンを通して見る事ができ、どれも見ている(聞いている)だけで面白いトークばかりです。

過去のスピーカーには、スティーブジョブズ(Apple)・ビルゲイツ(Microsoft)・ビルクリントン(元アメリカ大統領)など数多くの著名人も講演を行っていて、これまでに様々なジャンルの人がプレゼンテーションを行ってきており、現在で(2018年8月)2800以上ものプレゼンテーションがTED上で紹介されています。

TEDを用いた英語学習法

では、そのTEDを用いた英語学習法をステップを踏んで紹介したいと思います。

以下のステップを踏めば、リーディング・リスニング・スピーキング・ライティングの4技能全ての学習に役立てる事が出来ちゃいます!

TEDで学ぶ4つのSTEP
  1. 夢中になれるプレゼンを見つける
  2. リーディング
  3. リスニング
  4. スピーキング
  5. ライティング

僕がフィリピンの語学学校でインターンとして滞在していた時に、このTEDを活用して英語を楽しく、そして夢中になって取り組めたので、ぜひオススメしたい教材です。

STEP①:夢中になれるプレゼンを見つける

まずは数あるトークの中から、「このトークは興味深い、聞いていて楽しい、このプレゼンを真似したい!」と思えるものを探しましょう。

適当に探すのではなく、かなりの時間を割いてでも、自分がこれだ!と思えるものを探しましょう。後々の学習のモチベーションが変わってくる可能性もあるからです。

 

方法としては、

「Languages」を「日本語」にします。ここでは、トークの内容を理解することに集中するために、字幕を日本語設定にしましょう。

 

そして、自分が興味のある、面白いと思える内容のトークを見つけます。「Topics」を「See all topics」にすると探しやすいかもです。

また、内容だけでなく、「この英語かっこいいな!」っていうトークを見つけることも大事です。

なぜなら、英語とトークの内容がかっこいいものは、「TEDめっちゃやりたい!」ってなるから。

どれだけ夢中になって取り組めるようにするかが、この英語学習のポイントでもあります。

ちなみに、トークを探している間も英語を聞くことになるので、勉強にもなります。

STEP②:リーディング

ここからが、英語学習のスタートですね。

好きなトークを見つけたら、まずは「リーディング」から始めます。

 

方法として、Transcriptを「日本語」から「English」にします。

 

このトランスクリプトをコピーし、Wordなどに貼り付けて、リーディングの教材として使います。

リスニングやスピーキングの前に、この英語を自分で日本語訳して、内容をしっかり理解するのがまず第一です。

この段階でかなり手こずるようなら、文法力が足りてない証拠なので、基本的な文法の復習に戻った方がいいでしょう。もちろん、このリーティングを通して文法を学んでいくのも一つの学習法でもあります。

新しい単語にも必ず遭遇すると思いますが、記憶の定着に時間のかかる単語も、効率よく覚えられるはずです。

STEP③:リスニング

次に、トークを使って「リスニング」を鍛えます。

トランスクリプトを開いたまま動画を再生すると、スピーカーが話しているところと連動して表示されるので、早い英語でも追っていけます。

ネイティブが話すような早い英語や、リンキングして聞き取りづらい単語も、逃さず確認できます。

 

しかし、これだと目で追ってしまうので視覚に頼ってしまい、リスニングにならなくなってしまうので、慣れてきたらスクリプト無しで聴くようにしてみてください。あくまでトランスクリプトは、始めの段階の補助として利用しましょう。

STEP④:スピーキング

次はスピーキングです。

まずは、リーディングで使ったトランスクリプトを見ながら、ゆっくり、自分のペースでいいので何度も声に出して読みます。

自分が声に出している英語の日本語訳を、しっかり頭の中で理解しながらスピーキングするように意識しないと、ただ読んでいるだけになりやすいので、注意が必要です。

慣れてきたら、シャドーイングやオーバーラッピングのように、音声を追っかけるようにして何度も暗唱しましょう。

スクリプトや音声が必要なくなるくらい、できたら暗記するくらいでもいいと思います。

 

僕が滞在していた語学学校では毎週スピーチクラスが開催されていたので、TEDから一つトークを選んで、最後はほぼ暗記するくらいまでやり込んで、みんなの前でトークするという事をやりました。人前で話すくらいまでやり込むと、スピーキングの力もグッと身につくはずです。

STEP⑤:+α(ライティング)

最後に、+αとして「ライティング」です。TEDを用いたライティング学習法とは、コメント欄の活用です。

TEDでは、トークに対するコメントを残すことができます。コメントのところに、簡単にサインアップできるので登録して、コメントを残してみてください。

また、他の人が残したコメントを見て、面白いと思うものには、その人のコメントにも返信してみると、スピーカーが反応してくれることもあるし、コメントを残していた一般の人からも返信がくるとのこともあるようです。

TEDでライティングを学ぼう!
  • 好きなトークに関して意見がある。
  • その意見をコメントとして残す。
  • そのコメントに外人が反応してくれる。
  • 返信することで会話が続く。

このサイクルにハマることができれば、気がつかないうちに楽しみながらライティングの勉強を始める事になります。

TEDが英語学習に優れている点

世界中でも評価されているように、TEDがいかに英語学習に優れているかお話したいと思います。

①音源の長さ

一本のプレゼンテーションは短いもので3分、長いもので約20分ほどです。

これは英語を反復練習する上で最適な長さなんです。何度も何度も聞いて覚えるくらいまでいくと自然と自分のものになっていくはずです。

3分程度であれば苦にもならず、取り組み始めやすい教材となるはずです。

②字幕・原稿

TEDでは日本語字幕・英語字幕、またその他の国の字幕をつけることができます。

字幕のON/OFFを有効的に使って理解し、リスニング力を上げることができます。まずは日本語字幕をつけると始めやすいのではないでしょうか。

スクリプト(原稿)も用意されていますので、プリントアウトして書き加えたり、自分なりの補足を付け加えたりと勉強に役立てることが可能です。

③発音・アクセント

スピーカーは世界中から集まってきているので、いろんな国の発音・アクセントを聞くことができます。

本場のアメリカンアクセントやブリティッシュアクセントなどのネイティブ英語はもちろん、少し訛りのある英語も聞く事で、幅広く実践的な英語を学ぶことができます。

人が実際に話す話し方にはそれぞれ特徴があるので、様々な英語を聞くというのは実践的なリスニングを学ぶ上で大事な点でしょう。

④厳選されたボキャブラリー

言語というものは時と共に常に進化しています。TEDでは、その時代にあった表現の仕方や言葉の言い回しを学ぶことができます。

また単語も世界中に広めるにあたり、わかりやすくそのシチュエーションにあった最適な単語を厳選しています。何度も推敲された内容なので、質の高い英語と言えるでしょう。

⑤オフラインでも視聴可能

TEDのサイト上ではネット環境下でしか視聴できませんが、すべてのプレゼンテーションがダウンロード可能なので、事前にダウンロードさえしておけば、いつでもどこでも視聴可能になります!

お使いのスマートフォンなどにダウンロードしておいて、通勤時間や休憩時間などちょっとした時間に見ることができます。

⑥なんと言っても無料!

そして何と言っても、これだけ優れた教材とも言えるのに、お金が一切掛からない点です!

お金が掛からない分気軽に始めやすいので、本当に世界中の人の為の英語学習教材と言えるのではないでしょうか。

オススメのトーク

最後に、個人的にオススメしたいトークをいくつか紹介したいと思います。

僕自身が何度も聞いているトークです。

「How to start a movement」

3分だけなのでとりあえず見てみると良いと思います。短いスピーチでTEDの魅力が伝わります。

社会運動が起きるメカニズム、真の立役者はリーダーではなくフォロワーという事を解いています。

明快で無駄がなく、ユーモアでお手本のようなスピーチです。

僕はこのプレゼンを暗記するまで反復学習し、スピーチという形で語学学校の生徒たちの前でトークしました。

あれから数ヶ月経ちましたが、今でもだいたいの内容は話せると思います。

「Never, ever give up」

僕が人生で初めて見たTEDのプレゼンです。

15分間と長めなので英語学習には取り組みずらいかもですが、勇気をもらえる内容で、何度も見てしまっています。

「Try something new for 30 days」

何かを新しいことをやるなら、とりあえず30日間やってみようよ! という話。

30日間あればそこそこのことができて、試しにやってみるのにちょうど良い長さ。と解いていますが、英語学習においても3分程度の長さなので、ちょうど良い長さでしょう。笑

まずは一歩を踏み出そう! と、背中を押してくれるプレゼンです。

まとめ

TEDを用いた英語学習で大切な事は、夢中になって取り組む(=取り組めるトークを見つける)事だと思います。

夢中になれるトークを見つけたら、上記の学習ステップを試してみてください!楽しく英語を学べるはずです。

また英語だけじゃなくて、TEDから新しい考え方や価値観が学ぶ事ができ、様々な知識も得ることができるので、まさに一石二鳥な教材となっています。

英語学習に対する関心が薄くてもぜひ見て欲しい。もしかしたら英語学習を始めるきっかけにもなるかもですよ。

TEDのウェブサイトはコチラから!

編集者コメント

ボヘミアン・イングリッシュの運営者であるHIROも、TEDを貪るようにみて英語を学んできました。世界のトップスピーカーによるハイ・クオリティなプレゼンが「無料」で観れるこの教材は、英語学習者にとっての「必需品」といっても良いでしょう。

私のお気に入りは「Eat, Pray, Love(食べて、祈って、恋をして)」の作者であるエリザベス・ギルバートのプレゼンです。夢を追い続けるひとにとって、このプレゼンは本当に役に立ちます。このプレゼンは彼女の大ヒット作「Bic Magic」にちなんで発表されたものです。

TEDは本当に役に立つウェブサイトなので、英語を勉強するひとは絶対にチェックしておきましょう!

TEDのウェブサイトをチェックする!

The following two tabs change content below.
語学学校で英語とライティングを学び、帰国後は英語を活かしてホステル勤務、ライティングスキルを活かしてWebライターやマーケティングに関わっています。過去に2年間の世界一周、ヒッチハイクで日本一周してました。累計訪問国は約50ヵ国。個人ブログ「Tabilog+」運営中。
スポンサーリンク