NHK「おもてなしの基礎英語」から学んだ英語で外国人をOMOTENASHIしよう

役立つフレーズ集

外国人に街で道を聞かれたけど、答えられなかった・・・

外国人の友達と一緒に観光したい!

今やインバウンドが盛り上がっている日本で、こんな事を思うシチュエーションに出会う人は多いのではないでしょうか?

日本にいるからといって英語が全く必要ないとはもう言えないかもしれません。

今回は、日本に来る外国人の方をおもてなしする時に使える英語を学ぶのに、僕がオススメしたい教材、NHKが提供する「おもてなしの基礎英語」という番組をご紹介したいと思います。

番組を知って簡単な英フレーズを覚えたおかげで、海外の方と話すきっかけになったり、おもてなし出来る事に繋がれば嬉しいです。

 


訪日外国人旅行客が増えてきている日本

「英語は大事って言うけど、日本にいるし仕事で使う訳でもないし自分には関係ない」

と思っている方はいますか? そんな人にこそ、今回の記事を読んでもらいたいです。

訪日外国人は今や年間3000万人に届く勢いで増えてきています。東京オリンピックも控えていますし、今後も日本で英語を耳にする機会は増えていくと思われます。

そんな海外の方たちに日本を楽しんでいって欲しい、と誰しもが思うのではないでしょうか。

 

個人的な話ですが、中国に行った際、多くの現地中国人の方にあまり英語が通じなかった印象を受けます。

旅行者として訪れた僕は、食べたいものが食べれない、場所が聞けない、Google翻訳が頼り。世界共通言語であるはずの英語が通じないというだけで、旅行を楽しめなかった気がします。

逆を考えると、日本に来た外国人旅行者にそれを感じさせてはダメなんですよね。

自由に道を聞いてほしいし、食べたいもの美味しいものを遠慮なく注文してほしいし、現地人である日本人と仲良くなってほしい、日本を心から楽しんでほしいって思います。

だから日本にいるからって英語なんか必要ないって言うのはナンセンスな気がします。

英語が普段必要ない人も、外国人をおもてなし出来る英語力をつけましょう!

 

NHK「おもてなしの基礎英語」がオススメ

訪日外国人の方をおもてなしする時に使える英語を学ぶのに、NHKが放送する「おもてなしの基礎英語」という番組がオススメなので、ご紹介したいと思います。

 

日常的に使える表現ばかり、即実践が可能

この番組で紹介する英語は、おもてなしに使える英語だけでなく日常生活の中で使えるフレーズも紹介されています。

たとえば・・・!

What do you think?(どう思う?)
You don’t have to ~(そんなことしなくていいですよ)
No way!(まさか!)

などなど、日常会話でも使える英フレーズも数多く紹介されています。

 

また、会話の中で丸々そのフレーズを使えるので、即実践して使える事ができるでしょう。

僕は現在、ホステルで勤務しているのですが、海外のお客さんとの会話で前日に覚えたフレーズを使う事も多いです。

こんなフレーズ使いました

・宿泊に来たお客さんに対して
→Make yourself at home(くつろいで下さいね)

・チェックアウトする時に日本やホステルの感想を聞きたい時に
→Did you have a good day?(滞在はいかがでしたか?)

・頼まれ事に対応をした際に、お礼を言われた時に
→It’s no big deal(たいした事ないですよ)

などなど、この番組を通して覚えた表現を即実践して使えたりします。とても参考になっています。

 

簡単かつネイティブも使う表現

英語にまだ馴染みがない人にとって、なんとなくハードルが高いような気がしますが、この番組で紹介する英語は簡単なものが多いです。

単語を何個も並べて長いフレーズになっているわけでも、時制などが重要になるフレーズでもないので(中には時制が重要になる表現ももちろんある)割とシンプルな表現なっています。なのに、ネイティブもよく使う表現でもあるので、幼稚な英語というわけでもないようです。

 

1日1フレーズなので無理なく勉強できる

1回あたり10分の放送で、その中で使いたい1フレーズのみを紹介するので、無理なく勉強できるのもポイントです。

勉強するというより、こんな表現があるんだなと豆知識を得るような感じで、仕事や他の学業で忙しい人もご飯を食べながら観れたりするし、負荷なく英語を学べるかと思います。

週に4回放送される為、7日間で覚えるのはたったの4フレーズ。逆に物足りなさを感じるかもしれませんが、他の英語学習に少しだけ加えてみるのもアリではないでしょうか。

 

準ネイティブが発音もしっかりレクチャー

出演者のハリー杉山さん(母語は英語)が番組の途中で、しっかりと発音や強調すべきポイントもレクチャーしてくれるので、カタカナ英語のようにはならずに済みます。

やはり通じなければ意味がないので、同時に発音も意識してフレーズを覚えることで実践にも繋がりますし、より頭に残りやすくなるのだと思います。

 

ミニドラマで英会話が繰り広げられるので楽しいし、続きが気になる

この番組は『ゲストハウスに来るお客様をおもてなす』といったコンセプトで毎回ドラマが展開していきます。

基礎英語なのである程度英語ができる人にとっては物足りないかもしれませんが、ミニドラマでは英会話が繰り広げられるので、番組全体として幅広いレベルの人に役立つのではないでしょうか。

流れとしては、字幕も訳もない状態で英会話が繰り広げられ、その後キーフレーズの復習と会話の内容の翻訳と補足説明がされます。

ある程度英語力のある人は字幕も訳もない状態でリスニングに集中し、後に答え合わせ。全く内容が分からなかった人も、すぐに説明が入るので変にストレスになる事もありません。

また、当然毎回シチュエーションは変わりますが、一つのストーリーとして話が続いているので、続きが気になるような展開で放送されていくのも楽しく学び続けられる要素になっていると思います。ゲストハウスに興味がある人なども楽しめるかもですね。

 


番組に出てきた英フレーズの一部

上記でも、番組内で紹介されてきた英フレーズの一例を出していますが、ここでもこれまで紹介されてきたフレーズを一部紹介したいと思います。

これまで番組内では以下のようなフレーズが紹介されてきました。

1.Take your time
(ごゆっくりどうぞ。)

2.Take off your shoes, please.
(靴を脱いでください。)

3.What did you wish for?
(何をお願いしたの?)

4.I’d rather not…
(遠慮させていただきます。)

5.I can’t help it
(しょうがない、どうしようもないのよ)

6.I’ll show you how
(やり方を見せるね)

7.…but you get used to it
(でも慣れれば平気よ)

8.It’s a Tokyo specialty
(東京名物ですよ)

9.Did it work?
(効果あった?うまくいった?)

10.Can I get to the bathroom?
(トイレへ通してもらっていいかな?)

日本の風習や伝統を説明する時、地域の名物を紹介した時、神社にお参りに行った時、日常生活のささいなシチュエーションなど様々なシチュエーションで使えるし、単語を少し変えるだけで応用も利くフレーズが多いかと思います。

 

表現を学ぶ中で、微妙なニュアンスの違いなど、例えば「Can you speak English?」と「Do you speak English?」の違いを解説したり、初歩的なことでも意外と勉強になります。ちなみにCan you speak English?は失礼な表現に受け取られることもあるので要注意。

これまで紹介されたフレーズは「みんなで学ぶNHK語学フレーズ”ゴガクル”」からまとめて見る事ができます。

 

おもてなしの基礎英語 番組情報

番組情報

◆番組説明(NHKゴガクより)

年間3000万人に届く勢いの訪日外国人旅行客。今や日本全国津々浦々に押し寄せている。「おもてなしの基礎英語」はそんな海外からのゲストを「おもてなし」の心で迎え入れ、気持ちよく過ごすために使える基礎レベルの英語を学ぶ新番組。スタジオでミニドラマを見ながら、簡単でネイティブもよく使う「お役立ちフレーズ」を毎回一つ学ぶ。

◆放送時間
放 送:月~木曜日 午後10:50~11:00
再放送:火~金曜日 午前10:15~10:25
再放送:火曜日(月曜深夜) 午前1:00~1:40(4回分)

講師は井上 逸兵(いのうえ いっぺい)さん。司会進行はハリー杉山さん、教わる側は三田 寛子さんと向井 慧(パンサー)さんです。

ごくふんわりと温かい雰囲気でやり取りが繰り広げられるので、見ていて楽しい番組になっているなぁと感じています。

前番組は「しごとの基礎英語」という、ビジネスで使える英フレーズの紹介がされていました。同じように参考にしていましたが、2018年春からおもてなしバージョンに変わったようなので、使える場面は変わりましたが、引き続きゆるく学ばせてもらっています。

 

まとめ

他にも、ボキャブライダー、ニュースで英語術など、NHKが提供する英語番組があるので合わせて参考にしてみて下さい。

机に向かってガリガリする勉強も大事ですが、こういった10分程度のちょっとした時間を利用して、テレビなどでゆるっと学ぶのも大事かと思います。

アンテナを張り巡らして、様々な英語学習を取り入れていきましょう!

The following two tabs change content below.
フィリピン・セブ島にある語学学校で、ライターとして働きながら英語を学んでいます。英語を軸にキャリア再構築中。夢は日本の英語教育を変えること。過去に2年間の世界一周、ヒッチハイクで日本一周してました。累計訪問国は約50ヵ国。個人ブログ「Tabilog+」も運営中。