NZの「ミルフォード・サウンド」は南島最大の観光名所【絶対に行きたい!】

「ニュージーランドの大自然を感じるならミルフォード・サウンドへ行っとけ」

なんて言われるくらい、ニュージーランドの南島最大の観光名所が「ミルフォード・サウンド」と呼ばれるスポットです。私が留学している間に「ぜひとも行きたかった場所」の一つです。

ニュージーランドという国は、地球の神秘が詰まった「大自然の贈り物」です。

その中でもひときわ異彩を放っているのがミルフォード・サウンドになります。ここ、ミルフォード・サウンドは、「フィヨルド」が作り出した壮大な地形を楽しめます。そんなミルフォード・サウンドに行ってみたので、当時の様子を紹介していきます。

ミルフォード・サウンドへの旅行を計画している人の参考になれば嬉しいです。

Ad

ミルフォード・サウンドとは?

ミルフォード・サウンドとは「フィヨルド」と呼ばれる地形を持った国立公園です。景色が絶景なので、毎年世界中からその景色を一目見ようと観光客が絶えないスポットです。

以下、Wikipediaによるミルフォード・サウンドの説明を紹介します。

ミルフォード・サウンドとはフィヨルドに分類される地形を持ち、周りの山々には金や鉱物などが埋まっているとされています。しかしながら岩肌が硬く、海面作業となるため断念する開拓者が多かったようです。

現在は国立公園に指定されているので鉱物の採掘は違法となっています。

また様々な海洋動物が姿をあらわすことも知られており、アザラシやイルカなどが頻繁に出現するようです。

毎日何千人もの観光客が訪れる大人気観光名所となっているが、1年の3分の2は雨が降るとされており晴れる日はごく稀。気候は冷涼で非常に寒く、湿度がとても高い。

Wikipedia

 

ミルフォード・サウンドツアー

ミルフォード・サウンドのツアーは数多く出ているため、ツアーを探すことに困ることはないです。現地でツアーを探す人は、クイーンズタウンの街中のツアー会社を訪れてみても良いと思います!

街中はツアー会社だらけなのですぐに見るかりますのでご安心を。

ちなみに僕はインターネットから申し込みをしました。私が利用したのは、Intercity Milford sound tourというところで、たったの119ドルで参加することができます。いろいろ調べてみましたがこの料金が最安だと思います。

他のツアーでは180ドルくらいするのもありますからね。ただし、当日のツアーを催行する会社は「awesomeNZ」という会社であって、Intercityではありませんのでバスに乗るときに気をつけて下さい。

 

ミルフォード・サウンドツアーに参加

それでは、ミルフォード・サウンドのツアーに参加した様子を紹介したいと思います。

先程紹介したIntercityのツアーに参加すると、ツアーの催行会社は「awesomeNZ」になるので気をつけて下さい。予約した時に受け取る予約表をきちんと確認してツアーに参加しましょう。

 

クイーンズタウンから出発

バスに乗り込みいざ出発します。バス乗り場にてミルフォード・サウンドでのクルーズのチケットをもらうので失くさずにキープしてくださいね。

ミルフォード・サウンドまでの行きのバス所要時間は約6時間です。

途中に休憩を挟みますのでご安心ください。あとはひたすらバスから見える景色を眺めているだけ。行く途中の山道で2回ほど景色を見ながら散歩できる場所に止まってくれます。

 

美しい街道 – ミルフォード・ロード

途中から「ミルフォード・ロード」と呼ばれる道に差し掛かります。ここはニュージーランドで最も美しい道路道として有名なので写真を撮影しておくと記念となるでしょう。岩肌から流れ出る滝が道路の脇を伝っていました。標高も高いため、遅い時期でも雪が残っているそうです。

クイーンズタウンから長い道のりを行き、ミルフォード・ロードを登っては下っていくと、「ミルフォード・サウンド」を周遊するクルーズ発着場所にたどり着きます。

持っているチケットに書いてあるツアーの発着スポットまで行きましょう。今回はSouthern Discoveryという会社でした。

クルーズ船に乗船、ミルフォード・サウンドを探検

ミルフォード・サウンドの景色は絶景でしたが、天候が良くないので少し残念でした。

もともとミルフォード・サウンドは1年間のうち三分の二は雨が降っている地域ですので、晴れている方が珍しいと言われています。晴れていると下の写真のような絶景が楽しめるようです。

とはいえ、いくら曇りとは言えども、大自然の偉大さはしっかりと体験できるのでオススメです。

途中でイルカとランデブーしたり、アザラシに遭遇したりできるので貴重な経験をすることができました。アザラシなんて動物園でしか見たことないですし、野生のアザラシなんて見る機会がありませんよね。

ガイドさんの話を聞きながら窓の外を眺めて、写真をとってコーヒーを飲んだりしていたら2時間はあっという間に過ぎ去ります。

ミルフォード・サウンドでのクルーズは合計で2時間となっていて、13時から15時までとなっています。

あとは帰りのバスに乗り込んでクイーンズタウンまで帰るだけで、復路はおおよそ4時間のバス旅となります。総合すると往復の移動時間は10時間〜11時間になるので、思っている以上に体へのダメージは大きいですね。バス酔いをする人は辛く感じると思います。

 

ツアー参加時の注意事項

このツアーに関して注意事項があります。それは、ツアー自体は全て英語となるためある程度の英語力が必要ということです。実際ツアーに参加しているアジア人はかなり少なかったです。

途中の休憩場所からの出発時間などの重要なタイムスケジュールなどが聞き取れればまず問題はないと思います。バスが出発してしまったら元も子も無いですからね!

そしてもう一つは濡れないようにすることです。

クルーズ最後に滝に突っ込む場所があるのですが、船の外にでるのは絶対にやめておきましょう。ずぶ濡れになるので帰りのバスで大変ですし風邪をひきます。夏といっても日本の冬(もしくは秋)に近い気温なので気をつけましょう。ミルフォード・サウンドの滝に突っ込みたい!という方は「必ず」着替えとタオルを持っていってください。

 

まとめ

ニュージーランド南島観光のハイライト「ミルフォード・サウンド」は絶対に参加するべきツアーの一つです。私はずっとミルフォード・サウンドに行きたかったので、一つの夢がかなった形となりましたが、雨が降っていたのが少し残念でした。また機会があればチャレンジしたいと思っています。

あと、ツアー中の移動時間が長いのを覚悟しておいたほうが良いです。バスは意外と揺れるので、音楽を聞きながら寝ているくらいがちょうど良いと思います。

本を読んだりしていると気分が悪くなる可能性がありますよ。というわけで、ニュージーランドのオススメ観光スポット「ミルフォード・サウンド」を紹介しました。

ad