留学なんて必要ない?日本にいながら英語を学び上達させる方法8選

英語学習

英語を学びたいんだけど、留学に行く時間なんてないしなぁ、、、

日本に帰ってきてからはせっかく留学で上達した英語力が落ちる一方だよ、、、

日本にいながら英語を学びたいと思っている人は、そう感じているのではないでしょうか?

英語が話せるようになりたいと願う人なら、誰しも一度は「留学」という選択肢を頭に思い浮かべると思いますが、長期間仕事を休んで留学するというのは日本で働いていると簡単なことではありませんよね。

また、貴重な時間を割いて行った留学で英語力を上達させたとしても、日本に帰ってくると英語に触れる環境が激減してしまい、英語力が落ちてしまうというのはよくある事です。

じゃあ、留学に頼らないと英語力をキープしたり伸ばしたり出来ないのでしょうか?


留学に頼らないと英語は話せるようにならないのか?

学生時代に挫折経験あり!英語学習初心者にフィリピン留学がオススメなわけで、フィリピン留学を薦めているように英語学習に留学はかなり効果的です。

しかし、英語を身につけるためには英語を学び続ける「継続力」が必要になってきます。いくら留学で英語にどっぷり漬かってきて英語力を伸ばしても、勉強期間を留学だけにしたら意味がありません。継続してこそ英語は伸びるのであって、帰国後に何もしなければ英語力は落ちる一方でしょう。

また、同じ日本人でも留学経験がなかったり、日本での学習だけで英語を流暢に話せるようになった人は実はたくさんいます。

つまり、英語を身につけるためには留学が必須なのではなく、どのような環境でも「英語に触れ続け、学び続ける事」が大事ということです。

日本という環境でも英語を身につける方法はたくさんあります。今回は、日本にいながらにして海外で通用する英語力を身につける学習法を紹介したいと思います。

 

日本にいながらできる学習方法8選

日本にいながらも英語を身に付けたい人は、以下の8つの学習方法を実践してみてはいかがでしょうか。

 

①TOEICや英検の目標点数を明確化して勉強する

英語学習を継続させるためには、明確な目標やモチベーションが大事になってきます。そういった場合に、TOEICや英検などを活用すると具体的な目標が立てやすくなり、さらに目標点数を明確化する事で、勉強の成果が数値として現れてくるのでモチベーションも保ちながら学習を継続させることができます。

なので、定期的に受験する事もオススメです。この受験日までに〇〇点!という小刻みな日程で段階的に目標を立てやすくなり、テストの結果で次の目標を設定する事もできます。

 

②英語で日記をつける(Lang-8ランゲートで添削)

英語で日記をつけることでのメリットは、日常的に英語に触れられることです。

英語は毎日勉強しないとすぐに忘れてしまいますが、毎日日記を書くことで習慣化し知識が定着する助けになります。中学レベルの英文法でいいので、学んだことを自分の頭で理解して実際に書いて使いましょう。

日記に書くために、日常生活でよく使うフレーズや単語を考えるのは効果的です。例えば、単語だと、pharmacy=薬局 、出かける=go out、express train=急行など。フレーズでは、Could you do me a favor?=ちょっとお願いがあるんだけど、など。

日本の学校ではこのような単語やフレーズはあまり習わないかもしれませんが、海外生活や外国の方と話す時には意外と使う頻度が高いです。いざ英語で話そうとすると「あれ、英語でなんて言うんだっけ?」と思うことも少なくありません。こういった日常生活で使う表現をコツコツ学んでいく事ができます。

また、日記を書く時は、以下の3つのコツを意識してみると効果を実感できると思います。

  • 1日2~3行だけでもいいから毎日続けること
  • だらだら書くのではなく1日15分と時間を決めて書くこと
  • できるだけ正しい英語を書くことを心がけること

ただ、自分の書いた英文が正しいのかどうか自信がない時がほとんどでしょう。そんな時はLang-8(ランゲート)というサイトを使うと、ネイティブや有識者が正しい内容に添削してくれるので、併せて活用すると正しい英語を学ぶ事ができます。

 

③オンライン英会話を利用する

英語を学ぶといってイメージするのが、英会話教室に通うことだと思いますが、最近では「オンライン英会話」が日本で出来る英語学習として注目されています。

英会話教室に行くと授業料が高額になることも少なくないですが、オンライン英会話だと低コストでレッスンを受けられるだけでなく、場所に捉われず時間の融通が効くのもメリットです。

実際にマンツーマンで会話をするので英会話力が鍛えれれ、正しい発音も同時に学ぶ事ができます。

オンライン英会話ができる会社は数多く存在しますが、アウトプットをもっと手軽に!無料で体験受講できる「オンライン英会話」3選(随時更新)でオススメのサイトを紹介しているので、併せて確認してみて下さい。

世界各国のレベルの高い講師と授業が安く受けられ、効率よく学習できます。

 

④英語フレーズを動画や番組で覚える

YouTubeや映画、海外ドラマ、NHK英語番組などを活用すると、無料かつ楽しく英語を学ぶことができます。

特に映画やドラマの良いところは、英語フレーズと使われているシチュエーションが一緒なので覚えやすい点でしょう。実際に会話で使っているシーンを見ながらなのでイメージしやすいです。

YouTubeでは、日本人がよく疑問に感じる英語について短い時間で分かりやすく紹介されており、充実したコンテンツが無料で、しかもどこでも見られるので利用しない手はないでしょう。

ユーチューバーのバイリンガール英会話のChikaさんや、Hapa英会話は面白いコンテンツが多く、使えるフレーズを楽しく覚えられるのでオススメです。

 

⑤外国人が集まるイベントに参加する

外国人が集まるイベントは、各都道府県の国際交流のサイトや、外国人がよく集まるバーなどに情報があります。

外国人と実際に会話してみることで、まるで海外にいるような臨場感を味わえます。参加したイベントで海外の方と仲良くなれるというメリットもあります。

Meetup(ミートアップ)というサイトでは、言語交換交流会や外国人が多く参加するコミュニティを探す事ができ、気軽に参加できるのでぜひ利用してみて下さい。

 

⑥外国人が住むシェアハウスやゲストハウスに住む

日常生活に英語を取り入れる方法として手っ取り早いのが、外国人が多く住むシェアハウスやゲストハウスに住むことです。

家に帰れば英語で話す相手がおり、同居人たちとコミュニケーションを取るために英語を使わざるを得ないので、どんどん英語を使う事ができます。

日本にある程度の期間住んでいる海外の方たちなので、日本と彼らの国の文化の違いなどについても話し合えたりするでしょう。

 

⑦英語で日本人と話す・英語でひとりごと

何も英語で話せるのは海外の方だけではありません。同じ日本人同士でも英語で話してみましょう。

少し恥ずかしさもありますが、表現や意味が分からなければ日本語で補えたりできるので、より練習しやすい相手であるはずです。

また一人でいる時でも、その瞬間に思った事を英語で口ずさんだり、想像上で相手を作ってひとりごとのように会話する事も、いつでもどこでも出来る学習方法なので取り組んでみてはいかがでしょうか。

 

⑧生活環境を英語漬けにする

自分の生活環境を半強制的に英語漬けの状態にする事で英語を学べます。

例えば、パソコン・スマホの言語設定を英語にする、音楽は洋楽を聞く、SNSは英語で投稿するなど、普段自分が当たり前のように触れるものを英語環境にすることで、半強制的に英語に触れる事になります。

始めのうちはストレスが溜まるかもしれませんが、慣れてしまえば毎日勝手に英語に触れるようになるでしょう。

 


まとめ

「留学なし」「日本に居ながらにして」英語を話せるようになった人は意外と多くいます。そういう人たちは、今回紹介したような方法を利用して、身近なところから英語漬けになれるよう努力をすることで、英語力を磨いています。

とにかく、環境や海外の方に頼るのではなく日常的に英語を考えることが大事です。英語が話せるようになるために必要なのは、環境ではなく自分の気持ち。

英語を必ず身に付けたいという意志がないと学習は続けられませんが、英語を日常的に学ぶコツは、身の回りの「できること」から手を付けてみることです。徐々にでいいので、英語に触れる機会を増やし日本にいながら英語を上達させましょう!

The following two tabs change content below.
フィリピン・セブ島にある語学学校で、ライターとして働きながら英語を学んでいます。英語を軸にキャリア再構築中。夢は日本の英語教育を変えること。過去に2年間の世界一周、ヒッチハイクで日本一周してました。累計訪問国は約50ヵ国。個人ブログ「Tabilog+」も運営中。