暑い日は甘いジェラートを食べてクールダウン!幅広いフレーバーを楽しめるジェラティッシモ(Gelatissimo)

フィリピンは日本と違って年中夏ですが、特に2月下旬から5月末までは乾季に入るので、カラッとした暑さが続くようになります。脱水症状にもなりかねないので、適度な水分補給が必要になってきますが、甘くて冷たいスイーツも食べたくなりますよね!

セブ島ではフィリピンを代表するデザート、ハロハロの他にもコンビニなどで市販されているアイスクリームなどを購入することが出来ますが、リッチなフレーバーを試してみたい!という方はジェラートを選ぶというのもオススメです。

ジェラートを専門とするお店はセブ島でいくつかありますが、中でも試していただきたいのがGelatissimo(ジェラティッシモ)というお店です。

Ad

セブでチェックしたいGelatissimoへ行ってみよう!

今回ご紹介するジェラティッシモ(Gelatissimo)は2002年にオーストラリアのシドニー発のジェラート専門店です。オーストラリア以外にも海外展開を進めており、2018年現在ではフィリピンの他、シンガポール、サウジアラビア、クエートなどで見つけることが出来ます。

フィリピンではマニラとセブ島で展開されていますが、お店の数はどうやらセブ島のほうが多く、SMシティーモール、アヤラモール、そしてASフォーチュナ通り(AS Fortuna St.)を更に真っすぐ進んだパセオ・サンタニーノ通り(Paseo Santurnino St.)沿いにあるストリートスケープ・モール(Streetscape Mall)の3店舗あります。

今回筆者が訪れたのはアヤラモール1階にあるお店。アクティブゾーンのエリアから下に降りるとすぐに見つけることが出来ます。シアトルズベストコーヒーのすぐ横にあります。

中に入るとジェラートがずらっと並べられており、どれを選ぶのか迷ってしまいますが、気になるフレーバーは店員さんに「I like to taste~(~を味見したいです)」と伝えるとスプーンで一口分救ってくれるので味見ができます。

アヤラの場合は28種類のフレーバーが用意されてありました。店舗によって扱っている数やシーズンメニューもあったりするので、常に新しいジェラートが用意されてあるのが嬉しいところ。

良さそうなフレーバーを見つけたらカウンターに直行しましょう。そこでスクープの数とカップまたはコーンを選ぶことが出来ます。スクープ一つで120ペソ(255円)最大3つもスクープまでオーダーすることが出来ます。

友人たちとシェアまたはインパクトのあるメニューにしたい場合は、アイスクリームサンデーやバナナスプリット、ケーキなどのメニューが多く用意されてあります。

こちらで提供されているジェラートの種類は比率的にミルクを使用したものが多めで、ミルク系のものは濃厚で甘め、そしてフルーツを使用したものは酸味のきいたさっぱりとしたものになっています。

フレーバーを複数試したいという方は2つ合わせても美味しい組み合わせにするのも良し、または正反対なフレーバーをあえて選ぶことで飽きにくくするというのも良いかもしれません。

筆者のオススメのフレーバーはジャンキー感のあるAmerican Chocolate(アメリカンチョコレート)、チョコレートの味がリッチになったChocolate Truffle(チョコレートトリュフ)、濃厚なマンゴー(Mango)、甘党な方はクリームキャラメル(Cream Caramel)、少し酔うかもしれないラムレーズン(Rum & Raisin)、大人の味のヘーゼルナッツ(Hazel Nuts)です。他にも期間限定のフレーバーが多数用意されているので、色々試しておくと良いでしょう!

またジェラートは溶けるのが早いので、カップにした方は早めに外側から食べることをオススメします。そうもしないと、テーブルや手がベトベトになってしまいますからね。

ジェラティッシモでは座るスペースもあるので、ゆっくりと過ごすことが出来るほか、アヤラモールであればチケットを購入した際に「1スクープ追加無料」のクーポンも提供されているのでぜひ利用してみてくださいね!

 

Gelatissimo – ジェラティッシモ

店舗: アヤラモール1階SMモール2階(UGF)ストリートスケープモール

営業時間: 10:00~21:00(店舗によって変わる場合あり)

 

(MIKIO)

転載元:暑い日は甘いジェラートを食べてクールダウンしよう!幅広いフレーバーのジェラートを楽しめる、ジェラティッシモ(Gelatissimo) | Curioscence

ad