3ヶ月で英検準1級に合格する「禁断」の勉強法【速習で合格】

英検準1級に合格するのなら、短期間で決着を付けたい。多くの人がこう思っているに違いありません。実際のところ私もそうでした。

じゃあ、3ヶ月間の学習期間で合格するためのスケジュールはあるのか?

そんなことを考えたところあんまりないことに気づいたのです。じっさいのところ、3ヶ月で英検準1級に合格することは非常に難しく、とてつもない苦労があなたを襲うことでしょう。

そこでこの記事では3ヶ月という短い期間で英検準1級に合格するためのスケジュールを考案し、紹介することにしました。ある程度の能力があれば合格できるはずですが、それには基礎力が必要となりますので自分自身のレベルをしっかりと見極めた上でスケジュールを立てましょう。

そこでまずは、英検準1級を3ヶ月で速習する勉強法にふさわしい人についてから紹介していきます。

Ad

3ヶ月で合格する前提条件

英検準1級に3ヶ月で合格するためには、それなりの条件があると思っています。この2つだけとは限りませんが、期間を考えると以下の2つはクリアしておいてもらいたいものです。

  • 高校2年生レベルの文法を理解していること
  • 高校基礎レベルの英単語を覚えていること

つまり「英語の基礎力があるかどうか」という点につきます。

この基準を満たしている人と満たしていない人では、英検準1級の合格に費やす勉強時間に差が出ることは明らかです。これら2つを満たしていない場合、まずは高校レベルの英語がきちんと出来るように日々の勉強を進めるのが良いでしょう。

 

【3ヶ月速習版】英検準1級勉強法のスケジュール

では、英検準1級の合格を3ヶ月で目指すスケジュールを解説していきます。このスケジュールで大切なことは、以下のポイントとなります。

  • 単語は直前まで学習し続けること
  • 過去問を中心に組み立てること
  • 復習を充実させること

の3つです。では、それぞれについて詳しくスケジュールを追っていくことにします。また、英検準1級を3ヶ月で受験するのなら教材は目移りしない「集中できるもの」に取り組むのがオススメです。

 

1ヶ月目の学習内容

1ヶ月目はとにかく基礎力の養成に取り組むことが大切とります。

より具体的に言うと英単語、リスニング、ライティングの基礎力です。この期間には英検準1級用の単語帳に取り組みながら、リスニングとライティングの基礎を身に着けていきます。

移動時間やスキマ時間には単語帳やリスニング学習を進めていくことが大切です。

英検準1級を攻略するためには、まず語彙力をつけなくてはなりません。

単語は英語における意味の最小単位となるからです。つまり英単語は長文やリスニング、ライティングなど、すべてのパートの根底となります。1ヶ月目はボキャブラリーを増やしつつ、リスニングとライティングの基礎力をつけていきましょう。

単語力をつけるには語彙問題を練習できる問題集に取り組みます。この時期は以下の記事で紹介している教材を使うのがオススメです。

 

2ヶ月目前半の学習内容

1ヶ月目は基礎力に取り組んだので、2ヶ月から演習問題を増やしていきます。

具体的にはリーディングに取り組んでいくことになります。単語は引き続き継続して取り組んでいくものとします。単語は合格を左右するほど重要なので、本番直前まで学習を継続しましょう。

また、そのあいだに2ヶ月目の前半では長文問題の学習をスタートさせていかなくてはなりません。

英検準1級の問題は大学受験に出題される長文と似ているので、得意な人も多いと思います。

まずは長文問題の問題集を一冊進めながら、長文問題に対する免疫をつけていきましょう。とくに気をつけるべきは、設問の比較・検討です。英語のまま解答するとミスが出てしまうので、できるだけ日本語に訳して設問と本文の内容を検証していく必要があります。

また、長文の問題集に取り組み、分からない単語や表現を増やしながら進めていきましょう。

分からない単語や表現は、ノートにまとめたり、単語カードに書き込んだりして少しづつ潰していきます。これは単語学習とは別枠として考えてください。

私は単語カードに書き込んで、単語カードをカバンの中にいつも入れておくことをオススメしています。ライティングはこれまで通り基礎を引き続き基礎問題集に取り組んでおきましょう。

 

2ヵ月目後半の学習内容

2ヶ月目の後半にはいっても、単語帳を起点とした単語学習は引き続き行っていかなくてはなりません。

また、本番まで1ヶ月半となるため、このあたりから過去問を取り入れていきます。まず手に入る過去問の中で古い試験から順に取り組んでいきましょう。

ここでのポイントですが、英検準1級の過去問を解くときは時間を測って本番同様に模擬試験を取り組んでいく必要があるということです。ふだんから時間があまり取れない場合は、リーディングとライティングを分けて問題を解いていっても良いでしょう。どちらかというと復習に力を入れていきたいですね。

また過去問題集を解いたときに確認しなくてはいけないポイントは以下の通り。

  • わからない単語や表現をチェックし覚える
  • 長文読解の解答は正しいアプローチかどうか
  • リスニングのスクリプトは正しく聞けていたか
  • ライティングは正しい手順を踏んでいるか

このなかで最も対策しづらいのはライティングとなります。解答までのプロセスを追いながら一文章ごとに理解して書き写していきましょう。この時期は一つの問題から「解答方法・単語や表現」を丁寧に学びとっていくフェーズといえます。

一つの問題から、できるだけ多くのことを学び取ることを考えて、復習に時間を当ててみてください。

 

3ヶ月目前半の学習内容

3ヶ月目の前半は、基本的に2ヶ月目後半のアプローチと同じように学習を進めていきます。

1ヶ月目から触れ続けてきた単語学習は、常に別ものと考えて時間を確保することが大切です。これまでにも書いたとおり、英検準1級では単語の良し悪しが合格を左右すると思っていますし、単語を知っていれば知っているだけ長文も有利になっていく現実があります。

この時点で10周くらいは単語帳を進めておきたいですね。また先月の後半と同様に過去問を進めていきますが、最新版だけ残しておきましょう。この分は直前期まで残しておきます。

過去問の取り組み方は2ヶ月目後半と同じ内容で問題ありません。

時間を測って問題を解いていき、復習に時間をたっぷり割きましょう。もし手持ちの過去問題集が尽きてしまっても、同じもので2周・3周と繰り返していくことが大切となります。

これは復習をするのと同時に、あなたが覚えきれていない問題を洗い出すのに役立ちます。単語の復習にもなるのでオススメです。先月同様にライティングは、解答へのアプローチと模範解答をしっかりチェックしておきましょう。

過去問の解答をかけることを目標に取り組みます。

 

3ヶ月目後半の学習内容

3ヶ月目も後半に入りました。ここで取り組まなくてはならないのは「英検準1級予想問題集」です。

この問題集は英検の過去問や教本を出版している旺文社が発売しているもので、英検準1級の本番に近い問題を解くことができます。試験形式となっているので、時間を測って問題を解いていきましょう。

この問題集は、正直いってしまうと過去問よりも難しくなっているので、点数は低くなってしまいますが落ち込む必要はありません。

その分、出題された単語や表現は残らず覚えるように務めることが大切です。

難しい問題に取り組んでおけば、本番での余裕を持つことができるのでオススメです。もし難しすぎた場合は、これまで通り過去問題に戻っても大丈夫でしょう。手持ちの過去問題を3回づつくらい解き直せれば、英検準1級の合格も近くなります。

このフェーズは新しい内容を覚えていくというよりも、「覚えたことをキッチリ覚えている、本番で使うことができる」が目標です。

また単語学習はは引き続き進めていかなくてはなりません。単語試験の本番直前まで毎日継続して行います。試験3日前くらいまでには、単語帳を15周くらいしておきたいですね。

単語帳は回せば回す分だけ効率よく反復学習ができるので、一日の分量を多くし、できるだけ回数を増やして覚えていくことがコツです。ライティングに関していえば、もう一度、過去問題に取り組んでもいいでしょうし、予想問題に取り組んでもよいでしょう。

ライティングにおいて大切なことは、解答のプロセスが正しいか、また指定された形式でエッセイを仕上げているか、そして誤字脱字は少ないかの3つのポイントです。誤字脱字、文法間違いは起きてしまうのは仕方ありません。

しかし、その間違いを「いかに少なくするか」が英検準1級のライティングセクションにおける合格の鍵と言ってもよいのです。ですから、正確性とロジックの組み上げ方に注意してライティングに取り組んでいきましょう。

ここまできたら、あとは本番直前を待つのみです。

体調を整えて、本番で全力を出し切ることに集中して、これまで取り組んできたことの復習を行っておきましょう。

 

最後に:3ヶ月はキツイ、しかし無理ではない

以上、3ヶ月で合格するためにできることを一挙にまとめました。

ここまで読んで分かる通り、3ヶ月で合格をすることがいかに難しいかは伝わったと思います。じっさいにハードルがかなり高いのは事実ですし、何度受験しても落ちる人もいるほどです。

しかし、一つ一つを丁寧に行い、復習にもチカラをいれていくことで、合格は確実に手にとることはできます。もちろん場合によっては3ヶ月では無理かもしれません。

でも、このスケジュールで乗り切ってしまえば、あなたの英語力は急上昇しているはずですので、次回の受験がとてもラクになるでしょう。英検準1級は難しいですが、覚えるべき部分を覚え、解ける問題を確実に正解することで合格を手繰り寄せられます。

まずはこの3ヶ月でいけるところまで対策し、あなたの限界にチャレンジしてみてください。

演習問題を中心に取り組んでいき、復習にチカラを入れて対策を行っていきましょう。難しいチャレンジにはなりますが、合格することは不可能ではありません。

 

また3ヶ月で合格を狙う場合のおすすめ教材は「英検ネットドリル」です。

この教材を使って「憧れの英検準1級」合格を目指しましょう!英検準1級の合格を「これ一本」で目指せるすごい教材なので要チェックです!

ad