英検準1級と留学で「最高な英語体験」ができる理由【実体験から紹介】

英検準1級の対策をするというのは、あなたの人生にも大きな影響を与えると思っています。

それくらいのインパクトがある試験だと考えています。私自身が英検準1級の受験をして大きく変わった人間ですので・・・。それと同時に英検準1級」に「海外留学」を掛け合わせることで、「最高の英語体験」が出来るんじゃないかって考えたんですよね。

正直に言ってしまうと「英検準1級ってしんどい」じゃないですか。どうしても机に向かっているだけでは、英検準1級の試験は身に入らないことが多いはず。

つまり「モチベーションの持続がとてもむずかしい試験」だということです。

この点を解消するという意味で、英検準1級には「留学」をあわせるべきなんです!そうすればもっと英語を楽しむことが出来るんです!ということでこの記事では、英検準1級と留学がどうして「あわせて考えるべき」なのかについて紹介していきます。

英語をもっとレベルアップさせたい人は、英検準1級とあわせて留学も考えるべきですよ!

Ad

英検準1級と留学のルート2つ

英検準1級と留学はセットで考えるべきだと思うんです。でも、便利なことにその順序はどちらでも良いと思っています。具体的にいうとこんな感じですね。

  • 英検準1級に合格→留学にステップアップ
  • 語学留学で実力アップ→英検準1級に合格

私の場合は1と2の両方のパターンを経験しています。英検準1級はレベルが高く問題の質も良いため、留学やその先を視野に入れた時にも十分役立つ資格です。で、実際に留学も前、もしくは後ろに入れ込むと英語に対する理解力は愕然と変わってくるわけです。

このあたりについて、それぞれ紹介していきます。

 

英検準1級から留学をする

この選択は英検準1級に合格した後、海外留学にチャレンジするということです。

英検準1級は「英検準1級のレベルは?合格するために必要な学習レベルを解説」の記事にもあるように、海外留学でも通用するレベルにあります。先に英検準1級の取得をすることで、海外の専門レベルに太刀打ちできる英語力が身に付くということです。

Language SchoolでもCollegeでも問題ないですし、時間と費用に余裕があるのであればUniversityへの留学も十分に視野に入るというレベルです。

私は英検準1級に合格したあとにニュージーランドへ留学してCollegeで修士号を取得しました。ここでの成果も「英検準1級に合格したからこそ」だと思っています。この選択をする場合は語学自体の勉強をすっ飛ばすことができるのが特徴です。

メリットは海外就職や移住予定への道が開けることですね。

海外就職をしてみたい!移住予定があります!という方は、日本で英検準1級の対策の中で実力を付け、海外留学で学んだことをすべて出し切るのがピッタリです。

 

留学をしてから英検準1級

留学をしてから英検準1級にチャレンジするというのも、素晴らしい選択肢だと私は思います。なぜかというと「現地で英語を学んだ」という経験がモチベーションの持続に最適だからですね。

英検準1級の敵って「テストに対して戦い続けられるかどうか」なんですよね。英検準1級は難しいので、途中で投げ出してしまう人がいるんです。

でも、英語を使って外人と交流したり勉強したりした「貴重な経験」は、投げ出したくなる気持ちの抑制剤になるんです。それは「英語は楽しい」というコアな部分を持つことになるからです。

そして英検準1級に合格すれば、より高い位置へ進むことができます。

学部留学や就職も夢じゃなくなるということです。留学から英検準1級へ進む場合、留学で選択するべきは「語学学校」が一般的です。いわゆる、Language Schoolですね。語学学校は「英語を英語で学ぶこと」を主流にしているので「楽しい」です!本当に!

私はいまだに、カナダのバンクーバーの語学学校を思い出します。すでに7年くらい前なんですどど・・・。英語に対する良い思い出があると、逆に勉強を頑張れるんですね。

海外で生活したい!なんていう欲が出てくると、やっぱり英検準1級くらいは必要になりますから。

モチベーションの持続と実力アップを効率よくしたいと考えるのであれば、あえて留学を先にするのは得策です。なによりもリスニングとスピーキングでの負担がかなり軽くなるので。ちなみに、私が通っていた語学学校は「IH Vancouver」というスクールです。

有名な系列校で、カナダやアメリカで広く留学生を受け入れているようです。以上、これまでの間で英検準1級と留学をセットで考えるべき理由を述べてしましたが、もう一度、大事な部分をまとめておきます。

 

英検準1級と留学をセットで考えるべき理由

英検準1級と留学をセットで考えるべき理由をまとめるとこんな感じになります。

  • 英語のさらなる高みを目指せる
  • 英語へのモチベーションが変わる
  • 英語で出来ることが増える

それぞれについて、もう少し簡潔にしておきましょう。ここは物凄く重要なので、何度読んでもらっても構いません。

 

英語のさらなる高みを目指せる

英検準1級を取得してから留学を考えても、留学をしてから英検準1級に合格しても、どちらにしてもあなたの英語スキルは飛躍的に向上します。

海外では英語を使わなくては生活できません。生きるために英語を使うことで、英語のスキルがドーンと上がるわけです。これについては英検取得の前・後どちらでも構わないのです。

重要なのは海外を体験すること。そこで英語を使うことです。

 

英語へのモチベーションが変わる

留学を経験することで英語に対するモチベーションが変わります。ガラッと180度くらい変わっちゃいます。

やっぱり机で勉強するよりも、生活の中で学ぶほうが「楽しさ」や「重要さ」を身にしみて感じることができますからね。

「英語が楽しい!だからもっと勉強したい!」

そう思うことが大事なので「英語の楽しさ」を知るために留学するのも選択肢の一つになるんです。私の場合は完全にこれでした。留学して「英語もっと勉強したい!」となって、フィリピンのセブ島でボランティアしたり、大学生になったり働いたりしました。

で、英検準1級を取得してニュージーランドに留学したわけです。

始まりはカナダのバンクーバーだったわけですが、そこで英語を学んだ記憶や語学学校でいろんな人との出会いや経験がなければ、フィリピンにもニュージーランドにも行ってなかったわけなんです。それまでの「私」という存在が変わっちゃったのです。

それくらいモチベーションが変わります。海外での生活は刺激的で、人生が入れ替わるくらい衝撃的です。

 

英語で出来ることが増える

留学を間に挟むことで、英語で出来ることが一気に増えます。語学学校に通ったとしても、リスニング力とスピーキング力が断トツで変わってくるわけです。

英語を英語で学ぶことになるので、英語脳が出来上がるわけなんですね。

特に英検準1級くらいの単語を勉強しておけば、そのスピードは段違いに早くなります。また語学学校に通っておくことで、英検準1級のリスニングとスピーキングセクションの負担が一気に軽くなります。ライティングパートもかなり余裕になるでしょう。本当に、出来ることが増えるんですよ。

英検準1級を取得したあとに留学をすれば、専門知識が手に入ります。しかも英語で。

人格が変わるレベルで「出来ること」「知っていること」が増えるんです。正直にいうと、英検準1級に合格するだけではもったいないんですよ。その先の「海外」を体験しないと。

こういう点からも、私は留学もセットで考えるべきだと思ってます。これは私自身の経験でもあります。

 

まとめ

ここまで英検準1級と留学はセットで考えよう!という提案をさせてもらいました。これは私自身の経験から「絶対にやったほうがいい!」ということなので。

せっかく難しい英検準1級にチャレンジするのなら、やっぱり「英語をもっと高いステップ」に導きたいですよね。

そのためにも一歩踏み出して、留学と組み合わせると「最強」になるんですよ。

以上、今回の記事が少しでも役に立って貰えれば嬉しいです。最後に、もう一度だけ言っておきます。「英検準1級と留学は英語を学ぶ最強の組み合わせ」ですよ!

ad