英検準1級の対策に「本当にオススメ」する参考書7冊

「英検準1級の対策にベストな参考書ってどれだろう?」

英検準1級の参考書を買いに行こうとして書店へ足を運んだけれど、どの参考書が良いのか分からずに引き返してしまうことってありませんか?

英検準1級を対策するにはリーディング・リスニング・ライティング・スピーキングの4科目にバランスよく取り組み、実力を付けていかなければなりません。

けれども、その「参考書選び」が一番大変だったりしますよね。この記事では「英検準1級の参考書を購入しようとしている人」のために、英検準1級の受験者にオススメする参考書を紹介したいと思います。

「どれを買っていいか分からない!」と悩んでいるあなたの参考になれば嬉しいです。

Ad

英検準1級参考書の選考基準

今回、「本当にオススメできる英検準1級の参考書」を選ぶにあたり、参考書の選考基準は以下のように定めています。

  • 英検準1級に合格することが出来るだけの内容である
  • 英検準1級の練習が十分に積めること
  • 英検準1級に合格した後も使える参考書

そしてもう一つ大事なのが「私が実際に手にとって、全て解いてみたもの」という選考基準です。
自分で解いたことのある参考書で「本当に役に立った!」と思えたものだけをピックアップすることにしました。それでは、参考書を紹介していきます。

 

英検準1級のオススメする参考書7冊

英検準1級に「本当に」オススメする参考書を7冊に絞って紹介します。

このブログでも時折いっていますが、英語を勉強するのなら「1冊」に集中して取り組むことが重要となります。いろんな参考書に浮気するよりも「良質な参考書や問題集」を徹底的にやり込むほうが効果が期待できます。

そんな「実力をつけてくれる」良質な参考書を紹介していきます。

 

1.英検準1級 3回過去問集

英検準1級の受験者にとっては鉄板商品ですよね。英検準1級の過去問を知らずに英検準1級の合格はありえません。

その中でも英検の過去問は旺文社が出版している「英検過去問集」が最も定番で安定しています。解説が丁寧なので「英検受験生のバイブル」と読んでも良いくらいです。

解答が充実しており、有益な情報を数多く掲載している参考書であり、英検準1級の対策や傾向、勉強方法もしっかりと網羅している充実っぷりを発揮してくれます。頻出語句や、長文での難しめの単語・表現など過去問へのフォローが素晴らしいと思っています。

問題の解説が詳細で、かつ丁寧に作り込まれているのもポイントが高いですね。

英検準1級の受験をする人のバイブルと言っても過言ではありません。

この過去問としっかり対峙して、自分の弱点や強みを分析することで英検準1級の解答力が身につきます。そして一つひとつを積み重ねることで、英検準1級合格へとひた走ることができるでしょう。

 

2.キクタン英検準1級

英検準1級を対策するための「オススメ単語帳」といったら「キクタン 英検準1級」以外には考えられない、というのが私の意見です。

この単語帳は英検準1級の過去問題を分析しているだけでなく、「コーパス」を参考にして単語を選定しているため「日常の生活」でも最頻出な英単語が抽出されています。

つまり英検準1級の対策だけでなく、日々使う英単語としての「頻出」を掲載しているということです。

【コーパス】
コーパス(英: corpus)は、言語学において、自然言語処理の研究に用いるため、自然言語の文章を構造化し大規模に集積したもの。コンピュータ利用が進み、電子化データとして提供している。

キクタン 英検準1級とそれ以外の単語帳の比較は「【保存版】英検準1級の単語帳の決定版!絶対に使うべきオススメ単語帳6選」を確認してください。英検準1級をめざす人にとって「適切な単語帳選び」の方法を紹介しています。

キクタン英検準1級で身に付けた語彙力は、大学留学をしたときでも十分なほど効果を発揮してくれました。そして初めて「この単語帳はスゴイぞ!」って気付いたんですね。

合格に導いてくれただけでも十分ですが、その「先まで」考えて設計されていたなんて・・・。恐るべき単語帳です。

created by Rinker
¥1,760 (2019/10/15 22:09:45時点 Amazon調べ-詳細)

 

3.単語王2202

大学受験の参考書として、単語王222は絶大な人気と実績を誇っています。まさに「キング・オブ・ボキャブラリー」。この単語帳は大学受験だけでなく英検準1級を受けるときにも使っていました。

その理由は基礎力から中級、上級英単語とマルチに活躍する英単語が厳選されているからです。

英検準1級の全てをカバーするまでの実力はないとしても「英検準1級に必要な英単語」はほとんど網羅されている、と言ってもいいかもしれません。この単語帳は「キクタン 英検準1級」と組み合わせて使うことでより高い効果が期待できます。

「単語王で基礎力をつけ、キクタンで英検に特化する」のが一番効率性が高いでオススメ!

この2冊で身に付けることの出来る語彙力は、英検準1級を超えて英検1級やTOEFL、IELTSといった試験対策だけでなく、海外留学・海外就職でも活躍してくれること間違いなしです。

私は単語王の背表紙が破れ、手垢で汚くなるまでやり込みました。

そのおかげもあって、英検準1級の問題自体を難しいと感じることはなく、キクタン英検準1級で集中的かつ効率的に語彙力を増やすことが出来ました。英検準1級の文章が読めない・難しいと感じている人は「単語王2202」を利用して、英検準1級の基礎力を身に付けるのが良いでしょう。

created by Rinker
¥1,430 (2019/10/15 22:28:29時点 Amazon調べ-詳細)

 

4.入門編 英作文のトレーニング

英検準1級で忘れてはいけないのが「英作文対策」です。英検準1級の対策では、過去問を上手く利用して対策を重ねていくのがセオリーなので、あくまでも補助的な教材として「英作文のトレーニング」を利用するのがベストです。この参考書を選んだ理由は以下。

  • 基礎力が重視されている
  • ネイティブに近い考え方で英作文ができるようになる

という点があるからです。普段から英語を書き慣れていない私達にとっては、この「基礎力」がより重要となってきます。いきなり難しい文章を書くのは愚の骨頂であり、ミスを誘発します。それでは合格できません。

ですから、まずは基礎を学び文章の組み立て方を学んでいくのです。近年の英作文をみていると、まずは文章のロジック(構成)をしっかりと考え、的確な表現が求められているようです。

目指すべきは、「適切な文章構成」と「ミスの少ない文法」です。その英作文の「基本的なあれこれ」を学ぶことが出来る教材としてオススメします。

created by Rinker
¥1,320 (2019/10/15 22:25:16時点 Amazon調べ-詳細)

 

5.英検準1級予想問題ドリル

一番初めに紹介した過去問が時終わったら、この予想問題集にも取り組んでおくのが良いでしょう。

レベルが少し高めに設定されているので「高地トレーニング」としてオススメです。知らない単語・語句や難しめの長文を読む時に有効であり、直前期の追い込みとして活用してください。

また問題の一回分が、英検準1級の試験と同じ分量に設定されているので、各問題における時間配分の認や英作文のトレーニング、語彙力の強化に対して、特に効果を発揮すると思います。

時間を図りながら問題を解いていく「模試」として活用するのが良さそうです。

問題集の値段も安く、十分に英検準1級形式の問題集に触れることができるので、かなりコストパフォーマンスに優れている参考書として、英検準1級の対策には欠かせない一冊です。

 

6.熱血教師キムタツの東大英語基礎力マスター [基本文法篇]

「キムタツの東大英語基礎力[基本文法編]」は、大学受験用の基礎英文を復習するために作られた問題集なので、英検準1級の学習にもぴったりです。あくまでも「基礎力」の枠から出ておらず、「必要な部分」をサッと学習できるように設計されています。

この参考書は全部で150ページしかなく、その半分以上が解説に使われています。基本文法をしっかりと押さえ、英検準1級の合格に必要な知識を身につけるために、ガンガン利用していきましょう。

短期間で一気に英文法を復習するのにもおすすめですが、コツコツと文法をこなしていくのにも適しています。細かく題目が区切られており、1日に取り組むべき分量が適切なのもグッドなポイントです。

 

7.どんどん話すための瞬間英作文トレーニング

「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」は英検準1級のスピーキングパートの練習としてオススメです。

その理由は、瞬間的に英文を作り出す練習を積み重ねることができるからですね。スピーキングでは、あたまの中に「軸となる英文」がいくつ入っているかが重要です。結局は、核となる英文の単語や熟語を変えていき、話すことを作り出していくからです。

その「頭の中のインデックス」を作り、基礎となる英文のマスターに最適なのが本書です。

英検準1級のスピーキングでは柔軟な応対が求められます。そのための「核となる英文」を暗記しておくために使いましょう。

CDも付属していますから、頭や口だけでなく耳からも練習することができます。

created by Rinker
ベレ出版
¥1,980 (2019/10/15 22:28:30時点 Amazon調べ-詳細)

 

参考書以外のオススメ教材

英検準1級にオススメするのは紙の参考書だけではありません。いまではアプリなども流行っていますので、参考までに英検準1級にオススメな教材もあわせて紹介したいと思います。

 

英検ネットドリル

英検準1級の問題をすべて一箇所で対策できる「英検ネットドリル」がオススメです。

インターネットがあれば、いつでもどこでも本格的な英検準1級対策ができるので、いくつかの参考書に手を出している暇のない人にオススメしています。これ一本で英検準1級に合格している人もいる「信頼のおける教材」です。

 

スタディサプリ ENGLISH

英検ネットドリルと同じように当サイトでオススメしているのが「スタディサプリ ENGLISH」です。

こちらの教材は「英検準1級に向けた基礎力」を養成するためにオススメなスマホアプリとなっています。日本のトップレベルの英語講師による問題で「聞く・話す」を効率よくレベルアップするために作られています。

アプリを楽しみながら進めていくうちに、自然とリスニング力が向上する仕組みとなっています。スタディサプリについては「「スタディサプリ ENGLISH」で英検準1級の基礎力を身に付ける」で紹介しているので、あわせてチェックしてみてください。

英語学習の新定番!スタディサプリ ENGLISH

 

ネイティブ・キャンプ

「英会話がちょっと苦手・・・」という人にはレッスン受講し放題の「オンライン英会話ネイティブキャンプ」がオススメです。

1ヶ月6,480円の定額料金でオンライン英会話のレッスンを24時間受講し放題という破格のサービスが話題を集めています。講師は世界中から集っており、良質な授業を提供してくれることで人気です。

また、なんといっても「英検二次試験対策コース」があるため、英検準1級の二次試験を練習することだってできます。本気で英検準1級に合格することを考えているのなら、ネイティブ・キャンプを活用してガッツリと英会話を磨いても良いでしょう。

 

まとめ

以上、「本当に使える」英検準1級の参考書7冊、そしてオススメな教材もあわせて紹介しました。

どれも「英検準1級合格には必要な参考書」だと私は思っています。さすがに全部の問題集を解くのは時間的には難しい・・・と思う人も自分の苦手なパートを分析して、弱点を克服する為の1冊として活用してくれても構いません。

どれも素晴らしい参考書なので、ぜひ手にとって使ってみてください。

英検準1級の勉強法を体系的に知りたい人は「【完全攻略版】絶対に合格する!英検準1級の勉強法まとめ」では英検準1級に必要なことを全て紹介しています。ここに挙げた参考書を使って「合格に必要なチカラ」を養ってください。

ad