【ラグビーW杯をもっと楽しむために】最強「オールブラックス」の秘密に迫るオススメ作品

4年に一度じゃない、一生に一度だ。

そんなキャッチフレーズで大いなる盛り上がりを見せているラグビーワールドカップ。前回のイギリス大会では優勝候補の南アフリカに大接戦の末に勝利し、日本中が盛り上がったことも記憶に新しいですよね。

そんな中で世界最強と謳われているのが「オールブラックス」です。

オールブラックスはニュージーランド代表のチームであり、ニュージーランド国民だけでなく世界中のラグビーファンを虜にする「絶対王者」です。そんなオールブラックスは今回の大会でも大暴れし、先日のナミビア戦では11のトライを奪い今大会の最多トライを自ら更新しました。

世界最強・絶対王者のオールブラックスの強さの秘密に迫った番組がアマゾン・プライムに出ているので、これからさらなる盛り上がりをみせるラグビー・ワールドカップを「より」楽しむためにも是非見てもらいたいと思い紹介します。

 

Ad

ALL or Nothing : New Zealand All Blacks

紹介したいのがアマゾンのプライム会員が楽しめる「プライムビデオ」で視聴可能となっている、アマゾン・オリジナルの大人気シリーズ「All or Nothing」というレーベルの作品です。このシリーズでは様々なスポーツチームにフォーカスして、チームを追いかける純粋なドキュメンタリー番組として知られています。

そんなオールブラックスを特集しているAll or Nothingのトレーラーが以下。

あらすじはこんな感じとなっています。

世界スポーツ史上、最多勝を誇るチーム、ラグビーニュージーランド代表オールブラックス。その秘密に包まれた舞台裏と困難なシーズンに直面する彼らの姿を初めてカメラが捉えた。肉体的に過酷なラグビーにおいて、伝統と100年にわたる覇権を固守するため挑戦を続けるチームを4か月以上追った。

このドキュメンタリーの収録は2017年を中心として構成されています。2015年のワールドカップ終了後に、多くのレジェントが引退して低迷する絶対王者を追いかける内容となっています。

今大会のちょうど2年前が映し出されているため、今の大会に出場している選手が特集されています。

副キャプテンのベン・スミスやスーパーマンのボーデン・バレットをはじめ、ジョーディー・バレット、アーロン・スミス、ソニー・ビル・ウィリアムズ、TJ・ペレナラなど、2019年大会において躍動している選手が特集されているので「オールブラックスすごい!」と思っている人は見ておくと良いと思います。

「いまのチームにはこんな苦労があったのね・・・」

なんてしみじみと思いながら、少しだけ深くオールブラックスを知れるので、オールブラックス通を語りたいなら絶対に見て損のないドキュメンタリーに仕上がっています。

 

All or Nothingが面白い理由

筆者自身がニュージーランドに留学していたこともあり、オールブラックスには深い思い入れがあります。

とはいえ、別に留学中にラグビーを見に行ったことはありませんし、むしろ年中サッカーをやっていました。そんな筆者がラグビーに感動しているのには、ひとえにこのAll or Nothingのオールブラックス特集を見たから以外に思い当たりません。

このシリーズが面白い理由は、ドキュメンタリーとしてのクオリティーが高く、没頭して見入ることができることにあります。

チームに同行して収めた映像はシンプルに構成されながら、迫力のあるラグビーシーンが味を聞かせ、選手のインタビューや苦労、裏話が見ている人の心を揺り動かす仕掛けがされています。なによりも映像が凄まじくド迫力なのに驚きました。

カメラマンはきっとラグビーのセンスを持ち合わせながら高いカメラワークのスキルを持っているすごい人なのではないかと考えます。

先程紹介したトレーラーでもわかると思いますが、撮るところはキッチリと写し込み、構図にもこだわりが見られる申し分のない映像作品となっているので見ごたえがあります。ワールドカップの試合もすごいですが、こちらのドキュメンタリーは「ラグビー」をより深く、より身近に、そしてより迫力ある姿を楽しめるように作られています。

これをみるだけでオールブラックスのファンになりますし、より深くラグビーを知りたくなるでしょう。

 

ワールドカップを見ながらAll or Nothingを見よう

あまり筆者の個人的な感想を述べてしまっても面白くないでしょうから、ここから先はあなたの目で確かめて貰えればと思います。

これまでいろいろなドキュメンタリーを見てきましたが、コチラの作品は本当に面白く、あっという間に見終わってしまった感じです。全部で6話ありましたが、2日くらいで全部見てしまいました。逆に言うと、2日で見れる長さにオールブラックスの秘密がギュッと詰め込まれている感じです。

特に今回のワールドカップに密接につながるシーズンが特集されているので、ワールドカップでオールブラックスをみて興味を持った人は「かならず」見てください。

プライム・ビデオといえば海外ドラマや映画に注目があつまりがちですが、「ドキュメンタリー」も凄まじくクオリティーが高く、没頭して見入ることができる素晴らしい作品が多いと感じています。その中でも特にオールブラックスの作品はタイムリーな内容ですし、多くの人が気になるのではないでしょうか。

ゲームだけ見ていたのでは窺い知れないオールブラックスの裏側、というか選手の人間個々、その家庭のことや普段の練習風景まで盛り込まれていて、結構興味深く見られた。まだ幼い子どもたちが堪らなく可愛らしかった。いいなぁ、子どもや奥さんと一緒の温かい家庭。…リッチー・マコウやダン・カーター、といったこれまでの一時代を築いた名選手がいなくなったこれからも、勝つことを宿命づけられた最強軍団・オールブラックス。来年その勇姿を日本でぜひ実際に見てみたい。

上記のようなコメントもありますので、ラグビーをあまり知らない人でも楽しめます。

むしろ筆者はこの作品をみてラグビーに興味を持ったくらいです。

コチラの作品は、まだそれほど多くの人が視聴している感じではなく、あまり知られていないビデオみたいなので紹介したいと思いました。今のうちに観ておけば、残り約1ヶ月となったワールドカップも「より深く、熱狂的に」楽しめると思います。

最後にもう一度トレーラーを紹介して終わりにしたいと思います。みなさんもぜひ「All or Nothing : New Zealand All Blacks」をチェックしてみてください。本当に面白いドキュメンタリーですよ!

ad