英検準1級の難易度を合格者が詳しく解説!【体験談あり】

「英検準備1級に合格したいんだけど、試験ってどれくらい難しいんだろう?」

英検準1級をこれから対策しようとしている人は多いと思います。これから英検準1級の対策を始める人は、あらかじめ英検準1級の難易度を知っておくことは大切です。

結論から言います。英検準1級は簡単に合格できる試験とはいえません。

逆にいうと「合格すればあなたの英語のスキルが保証される試験」です。この記事では英検準1級の対策を始める人のために、合格した私が英検準1級の難易度を徹底的に解説していきます。英検準1級の難易度を知って、どのようなレベルに到達できるのかを実感してもらえたらと思います。

Ad

英検はどんな試験なのか?

まずは「英検」という試験の特徴を簡単にまとめていきます。

私達が普段から受験している「英検」は、正式名称を「実用英語技能検定試験」といい英語に特化した資格試験となっています。簡単にいうと「英語を技能として活用できるか」が問われる資格ということですね。

スコア形式ではなく「級」によってスキルが証明されるテストであり、5級〜1級が設定されています。1年間を通して3回の受験が可能で、試験に内容はライテイングやスピーキングなども追加され段階的に英語力を測れる試験です。

→ 英検 公益財団法人日本英語検定協会の公式ページ

そんな英検は「公益財団法人 日本英語検定協会」と呼ばれる「日本の英語教育界の重鎮」が運営しています。日本の中で最も権威ある英語教育の団体が作成している「日本を代表する英語の資格」が「英検」と呼ばれる試験の概要です。

その中でも英検準1級は上から2番めの難しさに該当するテストであり、難易度も高いテストとして知られています。ということで、もう少し詳しく「英検準1級の難易度」をみていきたいと思います。

 

英検準1級の試験内容

英検準1級の試験内容を調べるには「公式ホームページ」は欠かせません。英検準1級の公式ホームページには英検準1級の試験内容・レベルについて以下のように説明されています。

準1級は、最終目標である1級の手前まで着実に力をつけているレベルで、およそ大学中級程度とされています。社会生活で求められる英語を十分理解し、また 使用できることが求められます。

入試優遇や単位認定はもちろん、教員採用試験に優遇されたり、海外留学にも多方面で幅広く適用される資格です。試験内容は、一次試験(筆記とリスニング)と二次試験(面接形式のスピーキングテスト)に分かれています。

参考:準1級の試験内容・過去問

英検準1級の試験内容は一次試験と二次試験からなっているのは英検2級と同様です。

リーディング・リスニング・ライティングが一次試験でスピーキングが二次試験ですね。英検準1級は英語の4スキルが同時に求められる「バランスの取れた試験」であり、英語スキルを総合的に測定できるので支持を集めています。

 

英検準1級の「難易度」を解説

さて、英検という試験の概要について解説しました。ここからは英検の中でも「上級」に位置する「英検準1級」の何度について筆者の個人的な経験を踏まえて紹介していきます。

 

英検準1級の難易度は「留学」レベル

公式ホームページに記載された英検準1級の案内には「英検準1級のレベルは大学中級程度」と説明されていました。しかし私は「この言葉を鵜呑みにしてはいけません」と補足しておきます。

英検準1級が「大学中級程度」であるのならば、すでに多くの大学生が「簡単」に受かっているはずなんです。でも現実としてそれはそうなっていません。筆者の経験で英検準1級のレベル感を再定義すると「(海外の)大学中級程度」が適正だと考えています。

 

私がそう感じた根拠は「中級レベルのニュージーランドの大学に留学していたから」です。

英検準1級で勉強した内容が留学先でも十分に通用したんですよね。英検準1級に合格したことでライティング・リスニング・スピーキングが通用するようになり、授業でも好成績を取ることができました。

私は一応、日本の大学(経済学部経営学科でした)にも行っていましたが、日本の大学で学ぶ英語のレベルを遥かに凌駕していたことは確かです。英検準1級のレベルの高さは「海外の大学に行って初めて実感したこと」でもありました。

こうして考えてみると、英検準1級の難しさも納得できるんじゃないでしょうか。それでは英検準1級で問われる分野と難易度を分析していきたいと思います。

 

英検準1級で問われる分野とレベル

英検準1級は試験全体として様々な分野の問題が出題され、「4つのスキル」をまんべんなく測れるように構成されているのが特徴でした。いま一度まとめましょう。

  • リーディングパート
  • リスニングパート
  • ライティングパート
  • スピーキングパート

その中で難しいとされるのが「リーディングパート」ですね。特に語彙力の難易度は「英検2級」と比べると格段に上がっています。「語彙問題」が英検準1級の合格率を押し下げている理由となっていると思います。

そんな英検準1級は以下のような分野から出題が多くなっています。

  • 政治
  • 経済
  • ビジネス
  • 芸術
  • 言語学
  • 教育
  • 科学
  • 医療

長文の問題では学会などで発表されるような論文が並びます。英検準1級では英語の知識や能力だけではありません。時事問題や幅広い「専門」知識も問われる内容となっているんですね。

ただ単に英語だけを勉強するのではなく、本や新聞から情報収集をしっかりとしておく必要があります。英検準1級は「海外で専門知識を学ぶのにも困らないレベル」であるのが本当です。

私は英検準1級に合格できたからこそ「海外の大学でも好成績で卒業できた」と、いま振り返っても思っています。「海外でも通用するレベル」が英検準1級の正しい難易度であり評価ではないかと考えています。

 

まとめ

以上、英検準1級の難易度を個人的な体験をあわせて紹介してきました。英検準1級の難易度がいかに高いかを理解してもらえたのではないかと思います。

逆に言ってしまうと、それほど高いレベルにチャレンジするのですから胸を張って堂々といったら良いと思います。英検準1級は必ずしも合格できる試験ではありませんが、一つ一つを乗り越えていくことでいつか「必ず」合格できる試験だと思っています。

決してやった気にならず一つ一つを積み重ねていって合格に向かって突き進んでもらいたいです。

英検準1級は難しく多くの人が挫折を味わう試験でもあります。だからこそ「コツコツと対策」して合格への道を進んでもらえればと思います。なお、英検準1級の勉強方法は「【完全攻略版】絶対に合格する!英検準1級の勉強法まとめ」で詳しく解説しているのでチェックしてみてください。

ad